ものまねタレントのみかんがブログにつづった、満員電車でのあるトラブルが賛否を呼んでいる。
 問題となっているのは、みかんが15日に投稿した「乗っちゃいけないの?!」というタイトルのエントリー。その中でみかんは、この日、2現場で仕事があり、遅刻を避けるために電車移動をしたといい、夫に預けることができなかったため、子どもを連れ、ベビーカーと仕事道具が入ったトランクで電車に乗ったことを明かした。

 みかんは「ベビーカー優先の号車に乗ろうとしましたが、時間が朝の8時台の通勤ラッシュだったから、激混みで待っても待っても混んでいて」とちょうど通勤ラッシュの満員電車に当たってしまったといい、3本後の電車に無事に乗れたものの、電車の中で「下車していくサラリーマンに『邪魔なんだよっ!』すごい嫌なトーンでと捨て台詞を吐かれました!」と告白。「なんて心が狭い人がいるんだろうと思った反面、とても辛く苦しい思いをして、その場にいるのが耐えられなかったです」とその瞬間の心境を語り、「もう電車移動をあまりしたくない」とまで思ったそう。みかんは「女性専用車両があるなら、『女性&ベビーカー&マタニティ&子供専用&車椅子』などなど、これらをひっくるめた号車を10何号車ある中で1つ作って頂きたい」と訴え、「そうすれば、不快な思いをする人も減るし、共感も出来てみんな快適に過ごせると思うんだけどなぁ」と思いをつづっていた。

 この投稿にネットからは、「東京は子育て世代に厳しすぎる」「通勤するサラリーマン優先でベビーカーが乗ってはいけない暗黙の了解の意味が分からない」という同情の声が集まっていたが、「サラリーマンを擁護するわけじゃないけど、遅刻しないように早めにタクシーで移動すればよかったんじゃない?」「なんで女性専用車両かグリーン車に乗らなかったの?」「罵倒されたのは可哀想だけど、満員電車にベビーカーとトランクで乗り込まれたら文句言われてもおかしくない」といった批判の声も集まっていた。

 「通勤ラッシュの時間帯に乗るベビーカー連れの乗客の多くは、女性専用車両に乗るケースが多くなっていますが、みかんを罵倒した相手がサラリーマンだったことから、乗車したのは女性専用車両ではなかったということ。なぜ女性専用車両に乗らなかったのかという疑問の声も多く集まっていました。罵倒されたことに対する同情はあるものの、8時台の電車が混みあっているのは周知の事実。タクシーを使うべきという指摘も多くありました」(芸能ライター)

 自宅近くの託児所や保育園に子どもを預けられず、満員電車でベビーカーに乗り込みトラブルになるという話は時折り話題になり、議論を呼んでいる。今回のみかんのブログにもさまざまな意見が寄せられていた。

記事内の引用について
みかん公式ブログより https://ameblo.jp/ponjuice0224/