12日放送の『バイキング』(フジテレビ系)が歌手・misonoのユーチューブ公式チャンネルの動画に、2011年に暴力団関係者との交際を理由に芸能界を引退した島田紳助氏が出演した話題を取り上げた。この中でおぎやはぎ・小木博明の発言に視聴者から批判が集まっている。

 misonoは自身のチャンネルに今月10日、島田氏が出演する動画の後編を公開した。しかしmisonoは公式ブログで、1月13日の前編をアップした後「反響が凄すぎて怖くなりワケが分からなくなり」と、後編のアップをためらっていた時期があったと明かしている。misonoによると、「こんなに待ってる人がいるのに、動画あげないつもりかよ」「出し惜しみすんなよ」といったアンチの声が多々寄せられていたという。

 『バイキング』の独自インタビューを受けたmisonoは、後編のアップが前編から約1カ月も開いた理由として「(紳助氏を)利用している」「売名行為」という批判の声を受け、公開をためらううちに時間が経ったことを挙げた。そのことを島田氏に相談したところ「調子に乗れ」「(俺の話題で)盛り上がってるやん。それで良くない?」などと後押しを受けたことから、後編の公開につながったという。

 番組のスタジオで、misonoに対するアンチの話題で話を振られた小木は「アンチは本当に、無責任に(批判を)書きますからね」とキッパリ。misonoを批判する人たちは彼女が今回のように悩む姿を喜んでいると指摘しながら「ダメなヤツらなんですよ。世の中うまくいかないヤツがアンチのヤツらなんで、本当に考えない方がいいです」とアンチの人物像を語り、そういう人たちの声は無視すべきと持論を展開した。

 しかし、視聴者からは小木の発言について「ただの批判だけでなく、コメントの真意を汲み取って」「misonoが叩かれるのって、これまでのやってきた行いの結果だろ」「自分ら(番組で)が芸能人のアンチしてるのに何言ってるの?」「自分の軽率な発言や態度が時として世間に悪影響を与えてしまう事がある現実を理解しないこのタレントの発言こそ無責任」などと批判的な声が集まっていた。

 有名人への批判コメントが話題になることは多いが、その理由はさまざま。それだけに、ひとくくりにアンチを斬り捨てる小木の姿勢が波紋を広げたようだ。

記事内の引用について
misonoの公式ブログより https://ameblo.jp/blog-misono/
misonoの公式ユーチューブより
https://www.youtube.com/channel/UCk9Fxep-K3gJF41rqFKE9Nw