12日に放送されたバラエティ番組『すじがねファンです!』(テレビ朝日系)にミルクボーイが出演。長年応援してくれているファンへの感謝の気持ちを語った。
 
 登場するゲストの大ファンとともに、ゲストのデビュー当時の秘話などをじっくり深掘りするバラエティ番組『すじがねファンです!』。スタジオには、ミルクボーイの駒場孝の大ファンで、ミルクボーイを6年来応援している女性と、自身の結婚式に招待するほどミルクボーイのネタが大好きで、10年来応援している女性が登場。番組MCの今田耕司と指原莉乃の2人、ゲストMCのナイツとともに番組を盛り上げた。

 ブレイク前に、ラジオ番組の公開収録を担当していたミルクボーイだが、内海崇は「1年間一回もお便りがなかった」と明かした。今田も「(ミルクボーイは)大阪では、ファンがおらんで有名なコンビ」と話すなど、不人気だったという。そんなミルクボーイを、劇場まで1時間半かけて通って応援し続けたり、ツイッターのインフォメーションの管理人を担当して宣伝したりなど、2人のファンは献身的に応援してきたという。番組では、ミルクボーイが世話になっている2人に、『M-1グランプリ2019』(同)で優勝した後に送ったDMが公開された。

 M-1後に駒場は、6年来のファンの女性に「ほんまに何もない時から気にしてくれてありがとうね!」というメッセージをインスタグラムで送ったことがスタジオで明かされた。内海は、ツイッターでM-1優勝を祝福するメッセージを送ってくれた10年来のファンの女性に、「ずっと応援してくれたおかげです!喜んでもらえて嬉しいです!」と返信したという。内海は「新しいファンの方も嬉しいですけど、前から応援してくれていた方には(DMを)返そうと思って」と当時を振り返った。このファンとのやりとりに、今田は「神や」、指原は「これは嬉しいですよね」と感心した。

 番組では、ミルクボーイのM-1優勝後のとある一日に、番組スタッフが密着する様子も放送された。朝5時から生放送の番組に出演し、ロケや劇場出演を挟み、仕事が終わったのはなんと24時半。4月まで休みがなく、10月までのスケジュールが詰まっているという、多忙な状況を明かしていた。M-1に出るまで4回しかテレビ出演のなかったミルクボーイだが、M-1後には1カ月で50本以上の番組に出演しているという。

 この番組の放送を受けて「4月まで休みなし…本当に忙しそうだね」「長年応援しているファンを大切にしているところが好感持てました」「こうやってミルクボーイが成功して、ファンの人も嬉しいだろうね」といった声が寄せられている。

 多忙を極めるミルクボーイだが、ファンへの感謝の気持ちは忘れていないようだ。