TOKYO FMをはじめJFN38局ネットで放送中の10代向け人気番組『SCHOOL OF LOCK!』(月-金22:00〜放送)が22日、TOKYO FMにて、番組15周年イヤーの感謝を込めた大型イベント『SCHOOL OF LOCK! キズナ感謝祭 supported by 親子のワイモバ学割』を開催した。

 当イベントは、幕張メッセで開催を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で一度イベント開催の中止を発表。しかし、本イベントMCをつとめる番組パーソナリティ・とーやま校長が10年間つとめた番組の退任前最後のイベントとして、10代のリスナーへ向けて何かできることはないか番組として模索した結果、「動画配信」という形の開催となった。

 BiSH、BLUE ENCOUNTによるライブ、そしてAqours(逢田梨香子、高槻かなこ)、川上洋平([Alexandros])、髙橋ひかる、Perfume、山口一郎(サカナクション)、LiSAといったレギュラー出演者陣による動画生授業をYouTubeの番組公式アカウントによるライブ配信で行った。また、音声授業パート(事前録音配信)としてEve、Mrs.GREEN APPPLE、平手友梨奈、長渕剛もとーやま校長との対談で出演。一時は番組のハッシュタグがTwitterの世界トレンド2位となり、大きな話題となった。

 長年の付き合い、定期的に会っていた思い入れの深いメンバーのライブ、対談で、感動的な瞬間が続く中、エンディングへ。当日参加したアーティストが勢揃いし、とーやま校長の「卒業式」としてそれぞれにメッセージを送った。

 始まる前からとーやま校長は涙目に。BLUE ENCOUNT、BiSH、髙橋、LiSA、山口、川上、Perfumeから黒板に書いた「贈る言葉」と共に、思い出や応援のメッセージを伝えた。Perfumeのあーちゃんは、「私たちは大丈夫なので、とーやま校長がまた共演できるように頑張ってください。」と愛のある激励の言葉で一同を笑わせた。

 最後にとーやま校長が「SCHOOL OF LOCK!という番組はすごい場所と思っていて、アーティストが自分たちのライブ中止や延期になる中で、みんな参加してくれるのはSCHOOL OF LOCK!だから来てくれている。いろんな職員の知識とかアーティストのみなさんの音楽やリスナーへの想いがぼくの中に入って、おこがましいけど、今のところ、僕がSCHOOL OF LOCK!なんだなと。そのSCHOOL OF LOCK!を作っているのは今日聞いてくれているみんな!キズナ感謝祭のキズナってどういう意味なんだろう。今日のこの時間がキズナだなとわかりました。SCHOOL OF LOCK!はこれからも続くので、全国の10代に向けて、これからSCHOOL OF LOCK!をよろしくお願いします!」と、全国の“生徒”に向けてメッセージを贈った。

 最後はいつもの放送の通り、「起立!礼!また明日!」で締めくくり、豪華メンバーが集結した「卒業式」が終了した。この模様は、25日(水)22時から『SCHOOL OF LOCK!』(TOKYO FM/JFN38局フルネット)でオンエアされる。また、番組公式YouTubeアカウント/LINE MUSIC公式アカウントにて3月31日(火)まで配信アーカイブで閲覧が可能だ。