芸能界は移り変わりが激しく、特にバラエティで活躍するには一つの収録でどれくらい気の利いたコメントができるかがポイントとなる。しかし、慣れない頃はうまく適応できず悩むこともあるようだ。そんな彼らの救世主となっているのが、フットボールアワーの後藤輝基だという。
 「テレビではきついツッコミが目立つ後藤さんですが、かなり器が広いと後輩たちから慕われていますよ。後藤さんに最も助けられたタレントの一人は間違いなく指原莉乃さんですね。バラエティではそれなりに経験を積んでいたものの、MCの仕事を任せられるにつれ、うまくいかないことが多くなったのだとか。そんな時、指原さんはよく後藤さんにLINEで相談していたといいます。どんな長文でもきちんと丁寧に返信し、時には電話をしてくれることもあったのだとか。今でこそ、指原さんは後藤さんを番組でいじることもありますが、そこには強い信頼関係があるんですね」(芸能記者)

 さらに、後藤は若手芸人からも信頼を得ているようだ。
 「フワちゃんは、バラエティでコメントが出来ないでいると、いつも後藤さんが振ってくれると語っています。『爪可愛くない?』など、フワちゃんが言いやすいネタを絶妙なタイミングで振ってくれるので、きちんと収録でも使われ、それが結果的に業界関係者へのアピールとなります。フワちゃんは後藤さんのことを『優しい人』だと言っています」(前出・同)

 また今、最もノリに乗っているEXITも後藤に助けられているという。
 「EXITさんも『パシャパシャ』などのワードの発言を、いいタイミングで振ってくれる後藤さんに感謝をしていますが、それ以上に後藤さんの器の大きさに感銘を受けているそうです。兼近(大樹)さんは後藤さんがいない番組で、『M-1の時のフットボールアワーが面白くない。今の後藤さんからは想像できなくて笑える』などと後藤さんをいじることがあるのですが、後藤さんは怒ることなく、むしろ別の番組で会ってもいつもと変わりなく話を振ってくれるそうです」(前出・同)

 後藤は、若手のタレントたちにとって大きい存在のようだ。