お笑いトリオのジャングルポケット(斉藤慎二、おたけ、太田博久)が23日、『太田伯山(お願い!ランキング)』(テレビ朝日系)に出演。進行役の弘中綾香アナウンサーから厳しい一言を浴びせられた。

 ​>>テレ朝・弘中アナ、着実にフリー転身に向かう? バックアップしているのはフリー成功のアナか<<​​​

 爆笑問題・太田光と講談師・神田伯山がゲストの悩みを深堀りする番組。キャラが薄いことが悩みだというジャンポケ・太田が悩みを口にした。最近、たまたまテレビに出たジャンポケのマネージャーがかわいいと話題になっていて、「ネットで『ジャンポケ』と検索すると1番上に『ジャポケ 斉藤』、2番目に『ジャンポケ おたけ』、3番目に『ジャンポケ 寺川マネージャー』がきてとうとうマネージャーにまで越された」と自身を差し置いて有名になったと嘆き。「ジャングルポケットで3番手だけにはなりたくないってずっと思っていたんですけど、まさかそれより下があるとは」と寂しそうに心の内を明かしていた。

 そんな“格差”があるジャンポケだが、斉藤は弘中アナに「うちらに対してテレビとかで見ていてどんな印象があるか」と質問。弘中アナは困った表情を浮かべつつ、「番組で共演させていただくことが多いんですけど、斉藤さんは瞬発力のある笑いをとる感じで、おたけさんは他の人にイジられるとめちゃくちゃ面白い。太田さんは最近は『俺、覚えてもらえないんです、おたけに追い抜かされてる』っていうので笑いをとってる」とズバリ分析し、共演者らを笑わせていた。そんな弘中アナの分析を聞いたジャンポケ・太田は「それ全部言っちゃダメだよ」とたじろぎ、斉藤とおたけは大笑いしていた。

 この弘中アナの発言を受け、ネット上では「弘中アナ! 容赦無く分析してしまう」「弘中アナの分析がすごい」「私もジャンポケ太田、またおたけに抜かされてるキャラはじめたなーって思ってた」といった称賛の声が挙がっていた。一方で少数だが「あれだけお喋りな人が集まってたのに終わって印象に残ってるのは弘中アナの一言」「田中不在の間はちゃんとツッコミが居るゲスト呼んだ方が良い」との声も。ジャンポケのトークスキルを不安視していた。

 なんとか存在感を示したかったジャンポケ・太田だが、弘中アナの発言力の方が上だったようだ。