月9ドラマ『監察医朝顔』(フジテレビ系)の第16話が2日に放送され、平均視聴率が11.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが各社で報じられている。第15話の10.5%からは0.6ポイントのアップとなった。

 第16話は、10年ほど前に発生し、いまだ未解決だった三田村一家殺人事件の現場で、男性の遺体が見つかる。その男性も一家の被害者と同じく右頬に十字型の傷がつけられていた。遺体は、解剖のため興雲大学法医学教室に運ばれ――というストーリーが描かれた。

※以下、ネタバレ含む。

 第16話放送後、視聴者の間では三田村一家殺人事件の犯人についてある考察が盛り上がっている。

 「終了間際に明らかになったのは、目撃証言によると犯人の右頬には大きな火傷の痕があるということ。さらに、その犯人と思われる右頬火傷の男の映像もカットインしてきました。男は顔は見えなかったものの、街中で幸せそうな家族を見定めており、ショルダーバッグにはナイフ。明らかに怪しい男となっていました。誰が演じているのについては最後まで分からないままでしたが、視聴者からは『これりんたろーじゃない?』『口元とか、明らかにりんたろーだった』『りんたろー以外には見えない』とお笑いコンビ・EXITのりんたろー。が演じているのではないかと指摘する声が殺到。憶測が一気に広がっています」(ドラマライター)

 ​​>>ドラマ『朝顔』、20歳のジャニーズJr.が37歳役で出演で物議 「さすがにこれはひどい」作品ファンから悲鳴<<​​​​​​

 しかし、人気若手芸人の起用について疑問を呈す視聴者もいるという。

 「本作は主演の上野樹里を始め、サブキャストも実力派揃い。芸人では板尾創路が法医学者役で出演していますが、板尾はもはや、ほぼ役者。ドラマにお笑い芸人が出演するのはよく見られますが、ここまで演技派のキャストが揃った作品の重要な事件のキーパーソンに若手芸人を起用することに対し、『上手い俳優にやってほしかった』『本当にりんたろーだったら萎える』というネガティブな声も上がっています」(同)

 演技力は未知数のりんたろー。。果たして、本当に起用されているのだろうか――。