『グランメゾン東京』は“ブラック企業”? 飲食店勤務のトラウマ、現役料理人の厳しい指摘が相次ぐ

『グランメゾン東京』は“ブラック企業”? 飲食店勤務のトラウマ、現役料理人の厳しい指摘が相次ぐ

 木村拓哉主演の日曜劇場『グランメゾン東京』(TBS系、夜9:00〜放送)の第5話が17日に放送され、平均視聴率が12.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることが報道された。

 本作は『謎解きはディナーのあとで』『僕のヤバイ妻』(ともにフジテレビ系)などヒット作を手掛けた黒岩勉氏が脚本を務めるオリジナルドラマである。ストーリーは、過去にフランスの官僚とトラブルを起こした料理人・尾花夏樹(木村拓哉)が、ひょんなことから女性料理人・早見倫子(鈴木京子)と出会い、二人でフレンチレストラン「グランメゾン東京」を立ち上げ、仲間たちと力を合わせて三ツ星獲得を目指す――というものだ。

 第5話では、尾花の過去のトラブルが世間に知れ渡ったせいで、オープン初日の予約が全てキャンセルになるという展開になった。起死回生を狙うため、尾花はフードフェスでカレーを販売することを仲間に提案する。順調にカレーが売れていく中、尾花のやり方に納得できない若手のシェフが2人も辞めてしまう。さらに、あまりの多忙さにオーナーシェフの倫子が過労で倒れてしまうという事態に。しかし、フードフェスによって評判が広がり、その後店を訪れる客が増えるという結果となった。

 視聴者からは「ぶっ倒れるまで働かせるとかただのブラック企業」「オープン初日から客足ゼロとか、手探りのままいきなりフードフェスに出るとか、方針ブレブレのお店だな〜。これでは若手も育たない」との批判の声が集まっている。さらに、飲食店勤務の視聴者からは「昔バイトしていたレストランでも、掃除とか明日の仕込みとかで日付超えるまで働かされたな。つらすぎて3か月ぐらいで辞めたわ」「今働いてる現場も尾花タイプの従業員いるわ〜。ずっと残ってて後輩帰りづらいオーラ出してくるやつ。一般企業での残業は問題視されるようになったけど、どうして“飲食業界は別”って感じなんだろうね…」という声も挙がっている。

 また、現役料理人の視聴者からは「キムタクの髪型カッコよくて見せたいのはわかるけど、コック帽かぶらないとか不衛生すぎる」「フードフェスの時、尾花ガレージの水道で髪の毛洗ってたけど、一応料理人なんだからもっと清潔にすべきだと思う」という指摘も集まっている。

 料理人による熱き戦いを描いた本作だが、料理人らしからぬ設定や演出で飲食店業界者の反感を買ってしまったようだ。果たして、この悪評を覆すことはできるのだろうか。今後の展開に期待したい。


関連記事

リアルライブの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る