日向坂は元「カタカナケヤキ」、King Gnuはビジュアル系?『グッディ』の“知ったか”紅白紹介に失笑

日向坂は元「カタカナケヤキ」、King Gnuはビジュアル系?『グッディ』の“知ったか”紅白紹介に失笑

 14日放送の『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)は、12月31日にNHK総合で放送される『第70回紅白歌合戦』の出場歌手決定を速報。初出場のアーティストを伝える大村正樹アナウンサーの発言が話題となった。

 令和初となる今回の紅白歌合戦では、紅組と白組合わせて8組の初出場が決定し、総勢41組が出場予定。紅組からは2015年11月30日から19年2月11日まで「けやき坂46」として活動していた日向坂46、昨年発表の『パプリカ』で話題のFoorin(フーリン)などが、白組からはジャニーズ事務所所属のKis-My-Ft2、EXILEの弟分グループであるGENERATIONS from EXILE TRIBE、『白日』のロングヒットで知られるKing Gnuなどが初めて紅白のステージに立つ。

 スタジオで大村アナは初出場となる8組を紹介しながら「個人的には、僕はKing Gnuが出るのがうれしい」と注目アーティストとしてKing Gnuをピックアップ。しかし「今、オールナイトニッポンやってて、ラジオで人気で、ビジュアル系。ビジュアルのインパクトが強いですよね」とビジュアル系ではないKing Gnuをあたかもビジュアル系であるかのように紹介してしまった。

 以降も出場歌手を紹介していく大村アナ。しかし「けやき坂46」としては「ひらがなけやき」という愛称で親しまれていた日向坂46を「去年まで『カタカナケヤキ』という名前で活躍していたんですけども」と解説してしまう。さらにFoorinに対しては名前を指しながら「これ、読めます?『風鈴』」などと、鈴の一種である風鈴のイントネーションで発音しながら紹介していた。

 これら紹介文句を聞いた番組MCの高橋克実に「詳しいですね」と言われると、大村アナは「僕ね、結構音楽オタクなんですよ」と自慢げに返答。これがネットユーザーから失笑を買う結果となってしまった。

 ネットでは大村アナに「音楽マニアっぽいこと言ったけど、ホントに詳しいのかね」「King Gnuをビジュアル系と紹介したグッディのアナウンサーには笑った」「カタカナケヤキってなんだよ!おじさんの間違え方」「フーリンの発音が風鈴なんめっちゃ違和感」などとツッコミが殺到する事態になった。

 ワイドショーで間違った説明を連発する大村アナに呆れ、面白がる視聴者が多く見られた。


関連記事

リアルライブの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る