ジャニー氏死去報道、各テレビ局が長時間扱っている意外な理由 事務所が突きつけた“要求”も?

ジャニー氏死去報道、各テレビ局が長時間扱っている意外な理由 事務所が突きつけた“要求”も?

 ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長の死去から一夜明けた10日、民放キー局のワイドショーやニュース番組では、ジャニーさんの功績を称えるべく、これまでジャニーズからデビューした各グループの映像が、その代表曲とともに放送された。

 「過去にないほどのジャニーズの大盤振る舞いです。普段は映像素材の使用に関して、異様なまでに神経質になっているんですが、今回は各番組につき1グループ1回まではOKで、特に時間も指定されず。普段はなかなか許可の出ないSMAPの5人での歌唱シーンもOKでした」(ワイドショー関係者)

 そのおかげで、各局の番組はまるで“ジャニーズ祭”のような番組構成だったが、実はジャニーズ側から各局に対してある“要求”が突き付けられていたというのだ。

 「薬物事件で逮捕されたメンバーの映像は『絶対NG』と言われたそうです。そのため、フォーリーブス、光GENJI、男闘呼組はなかなか逮捕されていないメンバーだけの映像がない局が多く、あまりVTRが流されず。KAT−TUNはオリジナルメンバー6人のうち2人が逮捕されてしまったので、3人体制になってからの映像しか使われていませんでした。SMAPは5人のうち2人が逮捕されていますが、薬物ではなかったのでセーフだったようです」(芸能記者)

 KAT−TUNに至っては、逮捕されたメンバーたちも人気があっただけに、そのメンバーたちのファンにとっては、なんとも悲しいVTRになってしまったようだ。

 同グループの元メンバーで、大麻で逮捕され不起訴になった田中聖は、10日に自身のブログを更新。「世界一のプロデューサーとして栄光の道を駆け抜けたと思うので、今はゆっくり休んでください。どこにいても自分は貴方の息子です。ご冥福をお祈り致します」とジャニーさんを追悼した。

 そして、同じく大麻で逮捕・起訴された田口淳之介被告は、11日に東京地裁で初公判。ジャニーさんの死去について言及するかが注目される。


関連記事

リアルライブの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索