巨人、今オフ真っ先に狙っていた“本命”がいる? シーズン中に挙がった牧田以外の補強候補とは

巨人、今オフ真っ先に狙っていた“本命”がいる? シーズン中に挙がった牧田以外の補強候補とは

 巨人が新外国人選手を獲得した。ヘラルド・パーラ外野手(32=左投左打)だ。現役バリバリのメジャーリーガー、それも、ワールドシリーズを制したナショナルズのメンバーだという。そう聞かされると、国内フリーエージェント市場の敗北感も払拭されたようだが、“本命”がほかにいた。

 「パドレス傘下のマイナーリーグでプレーしていた牧田和久(35)ですよ。阪神も獲得を狙っています。古巣西武への帰還を予想する声もあり、こちらも他球団との争奪戦が繰り広げられています」(在阪記者)

 今さらではあるが、牧田は前回WBC大会で侍ジャパンを牽引するなど、実績十分なアンダースロー投手だ。

 こちらは阪神・矢野燿大監督(50)がメディアの前でラブコールを送り、球団幹部もオファーを送ったことを伝えている。

 「牧田が日本に帰還するとしたら、西武との話を終えてからでしょう。西武・渡辺久信GMは松坂大輔を帰還させる方向で動いており、牧田に対しても同じです」(スポーツ紙記者)

 阪神、西武に対し、原巨人は一歩遅れているような雰囲気だ。

 FA補強で巨人が他球団の遅れを取るなんてことは、今までなかったはず。こんな情報も聞かれた。

 「誰がFA宣言しそうなのか、こうした情報はどの球団にも9月には入ってきます。そのリストの中で、巨人が真っ先に興味を持ったのは、美馬学でもなければ、鈴木大地でもありません。千葉ロッテのセットアッパー、益田直也だと言われています。昨季は70試合、今季も60試合に登板したタフネス右腕を獲得すれば、手薄だった救援陣を補えます」(球界関係者)

 救援タイプの投手を狙っていた。益田を本命視し、埼玉西武・十亀剣、そして、前パドレス・牧田の順番で調査を進めてきたという。

 しかし、10月下旬、ドラフト会議を終えたころに「益田はFA権を行使しない。十亀は迷っているみたいだが、残留に傾いている」との一報が入ってきた。興味を持ったリリーバーが権利行使しないとなれば、巨人はオフのFA市場に対し、ゼロからまた調べ直さなければならない。美馬、鈴木の争奪戦に敗れ、牧田にアプローチしたのか否かさえも聞こえてこない理由は、ここにある。

 「阿部の引退も重なり、左バッターがほしいと考えていたのは本当です。ただ、所属選手との絡みで、左打ちの内野手を狙うのか、外野手なのかも絞り切れないままオフを迎えてしまいました」(前出・同)

 ドラフト会議後、日本シリーズが行われた。救援タイプの投手を狙っていなければ、結果は違っていたかもしれない。

 その最重要課題であるリリーバーの増員はまだされていない。劣勢が伝えられる牧田での巻き返しを図るか?

 獲得が決まったパーラだが、悲観的なデータも少なくない。今季はSFジャイアンツで開幕を迎えたが、5月に解雇され、ナショナルズに拾われた。外野守備の巧さには定評があるか、打率は2割5分程度。「メジャーでの現役続行」が難しいと思い、巨人入りを決めたようだ。山口俊の喪失を考えると、巨人は戦力ダウンしている。来季は本当に大丈夫なのか…。(スポーツライター・飯山満)


関連記事

リアルライブの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る