プロレスリング・ノアは29日、3月、4月に続いて、5月も3日、9日、10日と3大会、無観客によるノアTVマッチを開催すると発表した。3日と10日はABEMAが放送、9日はサムライTVで放送し、同じサイバーエージェントグループであるDDTの公式動画配信サイトで配信される。

 5月のTVマッチに出場予定だったGHCヘビー級王者の潮崎豪は、急性虫垂炎の為、欠場が発表された。ノアによると、現在の潮崎は手術を終え、無事に退院しているが、術後の免疫力低下により新型コロナウイルスへの感染症リスクが高まるため、大事をとり欠場になるとのこと。
 潮崎はファンに対して、ビデオメッセージを発信。「急性虫垂炎の手術も終わり、退院したんですけど、感染のリスクを考えて、大事をとって約1か月間欠場させていただきます。みんなとはしばらく配信でも会えなくなってしまいますが、ノアの闘いは続きます。ノアのプロレスをご自宅で楽しんでください!完璧に直して帰ってきますので、それまで待っていてください!I am NOAH、We are NOAH」と、完治した上での完全復活を誓っている。

 GHCヘビー級戦線は、3月に藤田和之を退けてから挑戦者が現れていないこともあり、潮崎の欠場中に誰がアピールするのか注目していきたい。
(どら増田)