ココカラファインとマツキヨ 統合協議へ

ドラッグストアのココカラファインがマツモトキヨシホールディングスと経営統合に向け協議に入ると発表した。

ココカラファインは4月にマツモトキヨシから、さらに6月に入って「スギ薬局」を展開するスギホールディングスからも提携の提案を受け検討を進めてきた。

マツモトキヨシと経営統合の協議を決めた理由として、ココカラファインは物流ラインを共有したりプライベートブランドの開発を進める上で効果があると判断したためなどとしている。

ドラッグストア業界では、店舗数や人件費の増加に加えネット通販も拡大し競争が激化している。

業界7位のココカラファインと5位のマツモトキヨシとの経営統合が実現すれば、最大手のツルハホールディングスを抜きトップとなる見通し。


関連記事

日テレNEWS24の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索