和牛の遺伝資源、つまり精液や受精卵の海外流出を防ぐため、農林水産省は罰則を盛り込んだ新しい法案を作る方針を固めた。

ブランド力の高い和牛を誕生させることができる遺伝資源を巡っては海外への流出が問題となっていて、去年、中国に持ち出そうとした男らが家畜伝染病予防法違反などで逮捕される事案が発生していた。

ただ、家畜伝染病予防法は遺伝資源の海外流出を直接取り締まるものではないため、農水省が新法案の通常国会への提出を目指しているもの。

新しい法案では、遺伝資源である精液や受精卵を不正に入手したり、第三者に無断で譲渡したりする違反行為に対して刑事罰を科すことが盛り込まれる。

また、事前に遺伝資源の転売や輸出を差し止めることもできるようにする方針。