新型コロナウイルスの影響で宴会予約の9割がキャンセルになった温泉施設。地元の人に親しまれていたが、閉館することを決めた。

福岡県大川市にある国の重要文化財・筑後川昇開橋のほど近くにある温泉施設「大川昇開橋温泉」。2007年に営業を開始し、入浴や宴会の施設として地元で親しまれてきたが、来月12日に閉館することを決めた。

実は新型コロナウイルスの感染拡大が国内でも広がった先月下旬頃から団体客のキャンセルが相次ぎ、今月はおよそ30件の宴会予約のうち9割がキャンセルに。施設全体の売り上げは例年の半分近くに落ち込んだという。

温泉施設の支配人は取材に対し、「まさか閉館に追い込まれるとは考えていなかった」と話していて、およそ15人いる従業員の今後の就職先についてはまだ決まっていないという。