トヨタ自動車とNTTが資本提携をして関係を強化していくと発表した。

トヨタ自動車とNTTは、互いに2000億円規模を出資して株式を持ち合う形での資本提携を発表した。今回の資本提携により、モノがインターネットにつながるIoTなど先端技術を駆使した街づくり、「スマートシティ」の構想を進めていくとしている。

両社は以前から「CASE」と呼ばれる自動運転などの最新技術で共同研究を行っていて、大容量の情報を瞬時に送る技術を持つNTTと次世代の車の開発を進めるトヨタが関係を強化することで、国際競争で優位な立場に立ちたい考え。