モスバーガーは動物性の食材を使わない「グリーンバーガー」を発売した。

モスバーガーが26日から東京と神奈川の9店舗で販売するのは肉や卵、乳製品など動物性の食材を一切使わないハンバーガー。通常は肉で作るパティは大豆をベースにこんにゃくやキャベツを加え、具材を挟むバンズにもほうれん草を練り込んでいる。

健康を気遣う人や食事制限がある人などにも楽しんでもらおうと開発し、5月をメドに全国販売を目指す。

動物性の食材を使わない商品は江崎グリコが卵や牛乳の代わりに豆乳やアーモンドを使ったプリンを先週発売したほか、ファミリーマートも大豆を使った「ベジバーグ丼」を発売するなど、広がりを見せている。