新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ち込んだ、事業者に支給する「持続化給付金」で、政府は新たに給付対象となったフリーランスなどからの申請受付を今月29日に開始します。

26日、梶山経産大臣が記者会見で発表しました。持続化給付金は、売り上げが大きく落ち込んだ中小企業や個人事業主が給付の対象ですが、対象を拡大したことで新たに申請できるのは、フリーランスで収入を「雑所得」や「給与所得」と計上していた事業者や、前の年に売り上げが存在しない今年1月から3月までに創業した事業者などです。

新たな給付対象者の申請受付は、今月29日に開始しますが、フリーランスなどは確認書類が多いため申請から給付までに今までの給付よりも時間がかかる見通しだということです。