新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ち込んだ事業者に支給する「持続化給付金」について、政府は29日から新たに給付対象となったフリーランスや創業したばかりの事業者からの申請受け付けを開始しました。

フリーランスなどは、確認書類が多いため、通常より給付に時間がかかる見通しだということです。