台風:志布志市で警戒レベル3 避難所設置

台風10号は15日、西日本に上陸する見込みで、厳重な警戒が必要。まもなく暴風域に入る鹿児島県の志布志市から中継。

屋久島では午前1時16分に最大瞬間風速26.2メートルを観測した。今回の台風で特に警戒が必要なのが高潮。14日から潮位が最も高くなる大潮に入った。この後、鹿児島は午後7時過ぎに満潮を迎える。海の近くでは浸水にも警戒が必要。

志布志市は午後2時に大雨警戒レベル3にあたる避難準備情報を発表し、市内17か所に避難所を設置した。早々と避難した海沿いに住む70代の女性は「今回は台風が大きいため瓦が飛ばないか心配だ」と話していた。

台風の接近に伴って天候が急変する恐れがある。高齢の方など避難に時間のかかる方は早めに避難を。


関連記事

日テレNEWS24の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索