北海道・根室の漁協から、所属するタラ漁船がロシア側の臨検を受けて連行されたとの連絡が15日、北海道庁にあり、関係機関が情報収集をしている。

北海道庁によると、15日午後4時ごろ、根室市の歯舞漁協から、所属するタラ漁船がロシア側に連行されたという内容の連絡が入った。漁船は乗組員6人が乗った「第68翔洋丸」で、ロシアによる臨検を受けた後、国後島の古釜布に連行されたという。

マダラ漁は北方四島の南側の水域が操業場所で、第68翔洋丸もここで漁をしていたとみられている。

北海道庁などが詳細について情報収集を急いでいる。