神奈川県内の30代の男性が中国で発生している「新型コロナウイルス」に関連した肺炎を発症していたことがわかった。国内で確認されたのは初めて。

厚生労働省によると今月6日、原因不明の肺炎が発生している中国・武漢市から帰国した神奈川県内の30代の男性から新型コロナウイルスの陽性反応がでたという。国内で確認されたのは、初めて。

男性は、武漢市滞在中の今月3日から発熱があり、6日に帰国した後、医療機関を受診した。肺炎の症状があり10日から入院していたという。その後、症状が改善したため、男性は15日、退院したという。

ヒトからヒトへの感染の可能性は否定はできないものの、明らかな証拠はなく、厚労省は手洗いなどを徹底するよう呼びかけている。