ロシア側に連行された北海道根室市の漁協に所属するタラ漁船は、船に積んでいた頭部を切ったカレイが、認められていない船上加工にあたるとの指摘を受けたものとみられる。

国後島の古釜布で16日に撮影された根室・歯舞漁協所属のタラ漁船「第68翔洋丸」。船上には乗組員とみられる人も確認できる。

道や関係者によると、乗組員6人が乗る第68翔洋丸は15日午後、ロシアの200カイリ水域である北方四島南側で漁をしたあと、花咲港に戻る途中に日本漁船の出入りを確認するチェックポイントでロシアの臨検を受け、連行された。

第68翔洋丸には頭部を切った状態のアブラガレイが積まれていて、ロシア側から「船上ではアブラガレイを加工できない」との指摘を受けたという。

乗組員6人は現在、ロシア側から取り調べを受けているとみられる。