今月5日、神奈川県相模原市の路上で、散歩中の男性が男数人に襲われ現金などが奪われた事件で、15歳から19歳の少年3人が逮捕された。

強盗致傷の疑いで16日までに逮捕されたのは、15歳から19歳の少年3人。警察によると、3人は今月5日、相模原市の路上で、散歩中の59歳の男性にバットのようなもので殴るなどの暴行を加えて重傷を負わせた上、現金およそ2万5000円などが入った財布を奪った疑いが持たれている。

調べに対し1人は容疑を認め、残りの2人は「やっていません」と容疑を否認しているという。

また、このおよそ40分ほど前にも、同じ市内の1.7キロほど離れた路上で20歳の男性が現金などを奪われる事件が起きていて、警察は、周辺の防犯カメラなどから3人が関わっているとみて捜査している。