12日朝、福島県は放射冷却の影響で厳しい冷え込みとなり、北塩原村では「ダイヤモンドダスト」が確認された。

12日、北塩原村桧原で氷点下14.8℃の最低気温を記録した。小野川湖では空気中の水蒸気が細かい氷となって浮遊する「ダイヤモンドダスト」が確認できた。

「ダイヤモンドダスト」は約氷点下15度まで冷え込み、湿度が高く風のない日にしか見られない自然現象。