中国・武漢市から政府のチャーター機の第1便で帰国した人たちは、改めてウイルス検査を行い、陰性であれば帰宅することができる。

一方、東京都は、再検査の結果、陰性だった人で、国内に住居を持っていない人に対して、都営住宅を無料で提供することを決めた。期間は最長6か月間で、50戸を予定しているという。