SNSを利用して客を募り、法定の約4倍の金利で金を貸し付けたとして、ベトナム人の男が逮捕された。

出資法違反などの疑いで逮捕されたのは、ベトナム国籍のファン・ディン・トアン容疑者。警察によると、トアン容疑者は去年3月から9月までの間、ベトナム人3人に対して最大で法定の約4倍の金利で金を貸し、違法に利息を得ようとした疑いがもたれている。

調べに対して容疑を認め、「ベトナム人同士なので、特に悪いとは思わなかった」と話しているという。

トアン容疑者はフェイスブック上にベトナム語で広告を出して客を募っていたということで、警察は、他にもベトナム人を相手に同様の違法な貸し付けをしているとみて詳しく調べている。