13日、大阪府豊中市の小学2年生・本多優人くん(8)を訪ねた。優人くんが自転車の迷惑駐輪をなくすために考えたのが「チューリップの花壇」。と思いきや…目の錯覚を利用して花壇の絵が立体的に見えるトリックアート。なぜこのアイデアを考えたのだろうか。

本多優人くん「きれいな物の上に物を置く人はいないから、絵を考えました」「(トリックアートで)立体的に見えたら本物に見えるからです」

豊中市によると、駅や商業施設を利用する人の迷惑駐輪がひどい場所だった。そこで市と事業者と大阪大学が主に市内の小学生対象に「シカケコンテスト」としてアイデアを募集。

優人くんのアイデアが選ばれ先月から、効果を検証するための社会実験が行われている。

豊中市によると、これまでは平均して50台以上あった迷惑駐輪。しかし、トリックアートの設置後は2割ほど減っているという。

この成果について優人くんは――。

本多優人くん「駐輪の数がもうちょっとだけ減ったらいいと思います」

Q.本当はどうなってほしい――?

本多優人くん「本当だったら全部(迷惑)駐輪がなくなってほしい」

豊中市都市計画推進部・松木悟さん「本多くんの思いをみなさんくみ取っていただいて、良心に沿って迷惑駐輪はやめていただけないかなと」

優人くんのアイデアを基にした社会実験は4月中旬まで行われる。