新型コロナウイルスに感染した神奈川県在住の80代の日本人女性が13日、死亡したと加藤厚労相が発表した。国内で、新型コロナウイルス感染者が亡くなったのは初めて。

厚労省によると、13日に死亡したのは神奈川県の病院に入院していた80代の日本人女性。先月22日に倦怠(けんたい)感があり、28日に近所の医師の診察を受けたが、経過観察となった。

今月1日、倦怠感が増し、肺炎と診断されて入院、さらに呼吸状態が悪くなり、6日、別の医療機関に転院し、12日にウイルス検査をしたものの、結果が出る前に13日に死亡した。死亡後に、ウイルスへの感染が確認されたという。新型ウイルスの感染者が日本国内で死亡したのは初めて。

死因が新型ウイルスによる肺炎なのかはわからず、濃厚接触者がいたかも確認中。

この女性は、中国への渡航歴や中国の人とのかかわりがないものの、症状などから、医師の判断でウイルスの検査が行われたという。

加藤厚労相は、感染経路はわからないと話しているが、中国では、高齢者が新型ウイルスに感染すると、重症化したり、死亡したりする例も多いとして、高齢者で具合が悪い場合は、保健所などに相談してほしいと呼びかけている。