今月11日、愛知県豊田市のごみ処理施設に搬入されたゴミの中から現金1127万円が見つかった騒動で、持ち主が判明し全額返還されたことが分かった。

豊田市によると今月11日、市内にあるごみ処理施設で、作業中の職員がごみ収集車の中に1万円札や千円札など合わせて1127万円が入っているのを見つけた。

その後、見つかった現金は警察で保管されていたが、14日、持ち主が警察署に現れ全額が本人に返還されたという。

グリーンクリーンふじの丘・吉田昭数所長「その方にとって大事なものだと思うので、現金が見つかったことについては大変よかったのではないかと思います」

豊田市は詳細については個人情報にあたるので明らかにできないとしている。