医師や患者の新型コロナウイルスへの感染が確認された和歌山県の病院で、新たに医師や患者、3人の感染が確認された。和歌山県は院内感染の可能性があると発表した。

済生会有田病院は、入院患者だけで160人近くいる地域の中核病院。この病院で5人の感染が確認されたことを受け、地元では不安が広がっている。

和歌山・仁坂吉伸知事「同僚医師の陽性が判明した。(Q.院内感染が起きている?)そうですね」

県によると、新たに50代の男性外科医とその妻、そして、外科病棟に入院中の患者、3人の感染を確認した。医師と妻の容体は安定していて、患者も重症ではないという。

この医師は、最初に感染が確認された外科医師の同僚で、院内感染したものとみられている。15日までに5人の感染が確認されたことなどから、県は、病院の医師や看護師、そして、入院患者への検査を随時、行っているという。また、新規患者の受け入れなどを中止していて、通院患者が建物の外で処置を受ける場面も見られた。

また、最初に感染が確認された医師は、大阪府の病院で、非常勤で勤務していたことが新たにわかった。大阪府がこの医師と接触した来院者を調べている。

感染者が増え、院内感染の疑いが強まったことを受け、どこまで感染が広がるかは不透明。