オウム真理教による地下鉄サリン事件から20日で25年、東京の霞ケ関駅で慰霊式が行われた。

1995年3月20日に起きたオウム真理教による地下鉄サリン事件では、13人が死亡、5800人以上が負傷した。

現場の霞ケ関駅では、事件発生とほぼ同じ時刻の午前8時に東京メトロの駅員ら20人あまりが黙とうをささげた。また、献花台では犠牲者に花が手向けられていて、午前10時過ぎには事件で夫を亡くした高橋シズヱさんも献花に訪れた。

高橋シズヱさん「振り返ると事件から25年間はそれまでの生活とは全く違う体験をしてきた。これからは静かに主人との思い出を振り返ることが多くなるかなと思っています」

ことしはオリンピックが予定されており、東京メトロは安心して利用できるように駅構内の防犯カメラの増設などを進めている。