21日から、ヨーロッパから日本への入国が制限されるのを前に、羽田空港では20日、予定を早めて帰国する人の姿が見られた。

政府は新型コロナウイルスのヨーロッパでの感染拡大を受けて、21日午前0時から、ヨーロッパなど38か国からの日本人を含む入国者に対して、14日間、指定した場所での待機などを要請する。

これを前に羽田空港では、予定を早めて駆け込みで帰国する人の姿が見られた。

フランスから帰国「21日の0時を過ぎると、フランスもイタリア(の一部)とかと同じような扱いになって2週間拘束される可能性があるということで、チケット変更して本当に駆け込みで帰ってきました」

ドイツから帰国「(日本に帰ってきて)ほっとしています。日本にいた方が安全かなと思います」

入国の制限などは21日午前0時から始め、当面、来月末まで実施するという。