愛知・名古屋市では20日、新たに5人の新型コロナウイルスへの感染が確認された。愛知県内で感染が確認されたのは、これで139人となる。

新たに感染が確認されたのは、市内に住む20代から80代の男女5人。このうち4人は、デイサービスなどの福祉施設ルートのクラスターと判明していて、発熱や咳(せき)などの症状があるものの、軽症。

一方、80代の男性は、具体症状はないものの、現在も入院中だという。この男性に対しては、接触者の有無も分かっていない。

また、名古屋市は、市内に住む高齢男性1人が、新型コロナウイルスに感染し、入院中に死亡したことを明らかにした。男性は、集団感染が確認されているスポーツジムのクラスターに含まれていた。

愛知県内の感染者の死亡は、これで16人目。県内の感染者は139人となっている。