新型コロナウイルスの集団感染が起きている兵庫県伊丹市のデイケア施設に関連して、22日、感染者2人が死亡した。

死亡したのは、すでに感染が確認されていた70代の男性利用者と、別の利用者の関係者。また、この施設をめぐっては、新たに40代から70代の利用者や同居人、あわせて3人の感染が確認された。

これで、この施設に関係する感染者は43人、死者は6人となった。

この施設については、22日までにすべての通いのリハビリ利用者と職員、あわせて約200人の検査を終えたということで、兵庫県は今後、濃厚接触者たちの健康観察を続ける方針。

一方、22日、大阪府では6人、京都市と兵庫県姫路市でそれぞれ1人の感染が新たに確認された。