22日も国内では新型コロナウイルスの感染の確認が相次いだ。46人の感染が新たに確認され、さらに5人の死亡が発表されている。

埼玉県では5人の感染が発表された。そのうち川口市では出張先のベトナムから帰国した40代の会社員の男性と、その80代の母親、フランスから帰国した40代の自営業の男性など、男女4人の感染が確認された。

さらに、すでに職場の同僚が感染している蓮田市の20代男性と家族が感染している春日部市の50代女性の感染も確認され、また、埼玉県では初の死者となる1人の死亡も発表された。

一方、群馬県は、すでに感染が確認されていた高齢の男性1人の死亡を発表した。群馬県での死者も初めて。

また、神奈川県川崎市では2人の感染が確認され、うち1人はヨーロッパからの旅行者の30代の女性で、症状が出た後も金沢や京都を旅行していたという。

さらに、千葉県では、アフリカ・コートジボワールから帰国した30代の女性など2人が、東京都ではアメリカから帰国の60代男性とスペインなどから帰国の40代女性の2人の感染が確認され、海外で感染したとみられるケースが相次いでいる。

一方、22日は、岡山県で初めての感染者となる60代の女性の感染が確認された。

これで、国内で感染が確認された人数は1086人となった。