慰安婦問題を象徴する少女像などの展示が中止になった愛知県の国際芸術祭、「あいちトリエンナーレ」について、文化庁はいったんは「交付しない」という決定をした補助金を、額を減らして交付することを決めた。

去年、開催された「あいちトリエンナーレ」をめぐっては、慰安婦問題を象徴する少女像などの展示に抗議や脅迫が相次ぎ、企画展が一時、中止となった。これを受けて文化庁は、「展示会場の安全性などに懸念があったのに事前に申告しなかった」などとして、およそ7800万円の補助金の交付を取りやめた。

愛知県は当初、不服を申し立てていたが安全な会場運営にかかわる経費などを減額して今月、改めて申請を行い、文化庁は額をおよそ6600万円に減らして交付することを決めた。

愛知県が、文化庁の指摘を認めて遺憾の意を示し、改善を表明したことなどを理由としている。