文部科学省は、新型コロナウイルスの影響で休校している学校の再開に向けて、ガイドラインを公表した。

萩生田文科相「一斉臨時休業を始めた時よりも状況が改善している訳ではなく、むしろ感染者が増えている地域もある中で、なぜ学校を再開するのかと言うと、国民の皆様の感染拡大防止に関する意識が高まっているという認識があるからであります」

萩生田文科相は、こう述べた上で、政府の要請をうけて休校している全国の小、中学校、高校などの新学期からの再開に向けて、教室などの換気を徹底することや、密集する場を避け、近距離の会話ではマスクを着用することなどを求めるガイドラインを公表した。

「手洗いや咳(せき)エチケットの指導を行いましたか」などと教職員が取るべき対応も10項目のチェックリストで示している。

また、萩生田文科相は、爆発的に感染が拡大する「オーバーシュート」が発生した場合には、改めて国から休校を要請する可能性があると説明した。