東京電力は、福島第一原発にたまり続ける「処理水」について、大気か海に放出する場合、今後30年程度かけて処分する案を公表した。

福島第一原発にたまり続ける汚染水を浄化した「処理水」の処分方法を巡っては、経済産業省の専門家会合が大気中か海に放出する2つの案を提示していて、現在、政府が最終的な検討を行っている。

東京電力は、政府が決定した処分方法を採用する方針だが、大気中か海に流す場合、一度に大量に放出せず30年程度かけて実施するなどとする案を公表した。

また、風評対策については農林水産物の販売イベントを展開するなどとしているが、風評被害が生じた場合には、「適切に賠償対応する」としている。

政府は、東電の案などを踏まえ、来月から地元関係者の意見を聞く会を開催し、最終的な処分方法を決定する方針。