自動車メーカーの「マツダ」は新型コロナウイルスの影響で販売が落ちているとして、主要な工場の一時操業休止を発表した。

マツダが操業を休止するのは広島の本社工場と山口の防府工場で、今月28日から来月30日までの13日間。さらに、8日間は昼間だけの操業にするという。

自動車業界では、新型コロナウイルスの影響で部品調達が困難になっているのに加え、特に海外で販売が不振となっている。

マツダも中国や欧米で売り上げに大きな影響が出ていることなどから、生産調整を実施。海外の生産拠点についてもメキシコとタイの工場で約10日間操業を休止する。

これらにより4月末までに6万台の減産を見込んでいるという。