新型コロナウイルスの感染が急速に拡大していることを受け、政府は26日から新たにアメリカから入国する人に2週間、外出しないよう要請する措置を始めた。

新たに26日から入国制限の対象となったのはハワイ、グアム、サイパンを含むアメリカ全土から入国する人。アメリカから入国した人は空港から公共交通機関を使わないことと、14日間は自宅やホテルなど検疫所長が指定する場所で待機し、外出しないことが求められる。

症状があればウイルス検査を受ける必要がある。

ヨーロッパやエジプトなどから入国する人への制限は、既に始まっている。