東京都は、ホストクラブ向けの新型コロナ感染防止のガイドブックを公表しました。

東京都のガイドブックは、業種別に感染防止対策の取り組みを紹介していて、新たに追加されたのは、感染者が相次いでいるホストクラブやキャバクラなどの接待を伴う飲食店編と、ナイトクラブ編などの3つです。

ガイドブックでは、シャンパンコールなどの演出は当面自粛し、お酌やお酒の飲み回しは避けるほか、カラオケをする場合は、マスクをしたまま歌うよう求めています。

東京都は26日、54人が新型コロナウイルスに感染していたと発表していて、夜の歓楽街と関係がある人は31人いるということです。ホストクラブやキャバクラなどで働く人と客の感染が相次いでいて、都が注意を呼びかけています。