梅雨前線の影響で、九州や四国では、28日にかけて非常に激しい雨が降るおそれがあり、土砂災害などに厳重な警戒が必要です。

九州北部では、27日朝から雨が強まり、福岡県の久留米では、1時間に92.5ミリと観測史上1位の大雨となりました。

また、佐賀県伊万里でも1時間に87.5ミリの猛烈な雨を観測しています。

これまでに降った雨で、九州北部では、土砂災害警戒情報が発表されている地域があります。梅雨前線は28日にかけて九州付近に停滞し、活動が活発な状態が続く見込みです。

28日朝までに予想される雨の量は、いずれも多い所で、九州南部で200ミリ、九州北部で180ミリ、などとなっています。

引き続き、土砂災害や低い土地の浸水などに厳重な警戒が必要です。