梅雨前線の活動が活発になっています。九州や四国では28日にかけて大雨となる恐れがあり、土砂災害などに警戒が必要です。

活発な梅雨前線の影響で、九州では強い雨が降り続いています。福岡県の久留米では1時間に92.5ミリと、観測史上1位となる記録的な雨が降りました。また、佐賀県の伊万里でも87.5ミリの猛烈な雨を観測しました。

梅雨前線は28日にかけて九州付近にほとんど停滞し、活動の活発な状態が続きそうです。27日夜から28日昼前にかけても、九州や四国を中心に非常に激しい雨が降り、九州南部では1時間に80ミリ以上の猛烈な雨の降る所もありそうです。

28日夕方までの予想雨量は、多い所で、九州南部で250ミリ、九州北部と四国で180ミリなどとなっています。引き続き、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水・氾濫に警戒が必要です。暗くなってから雨が強まりますので、今のうちにハザードマップを確認するなど、安全の確保に努めてください。