福島第一原発から出る汚染水を浄化した「処理水」の処分方法について、政府は30日、東京で消費者団体などを対象とした意見聴取会を開きました。

福島第一原発にたまり続ける処理水については、今年2月に政府の小委員会が「水に薄めて海に流す方法」や「大気中に蒸発させる方法」を現実的な選択肢と提言していて、政府は広く関係者から意見を聞いた上で、最終的な処分方法を決定する方針です。

30日の会合では、商工会や消費者団体など3つの全国組織から意見を聴きましたが、「安全性が確認されているなら海に流せばいい」との意見もありましたが、一方で国や東京電力から十分な説明がないとして、「広く国民の理解を得られるようもっと説明を尽くすべき」などといった意見もありました。

処理水の処分を巡っては、福島や近隣県の漁業関係者が海への放出を懸念していて、全国漁業協同組合連合会が先週、「断固反対する」と全会一致で採択しています。