6月30日、新型コロナウイルスのワクチンをめぐり動きがありました。安全性や有効性を確かめ国の承認を得るため、大阪市立大学病院で、国内初の「DNAワクチン」の治験がはじまったのです。

このワクチンは、新型コロナウイルスの遺伝情報の一部を投与することで、体内に抗体ができる仕組みです。

動物実験では抗体ができることが確認されたとしていますが、これまで「DNAワクチン」が正式に承認されたことはないといいます─。

(6月30日放送『news zero』より / 動画でご覧ください)