生活保護の申請件数が大幅に増えたことがわかりました。

厚生労働省によりますと、今年4月の生活保護の申請件数は2万1486件で前の年の同じ月と比べると4273件増えました。

厚労省は、生活保護の申請が大幅に増えたことについて、「新型コロナウイルスの感染拡大の影響で雇用が悪化していることが申請者が増えた要因のひとつと考えられる」と分析しています。