高等教育 年収380万未満まで段階的支援

文部科学省の専門家会議は、2020年度から導入する予定の高等教育の無償化について、住民税を払っていない世帯から年収380万円未満の世帯まで、段階的に支援するなどとした報告書をとりまとめた。

報告書では、住民税を払っていない低所得の世帯では、大学の授業料と入学金を減免するほか、娯楽費などを除く必要な生活費をまかなえるよう返済不要の給付型奨学金で支援するとしている。

年収300万円未満の世帯には、住民税を払っていない世帯の支援額の3分の2を、年収380万円未満の世帯には、3分の1を支給する。

マイナンバーで把握した情報から所得状況などの確認を行うとしているが、資産状況は要件に盛り込まれなかった。

今後、申請手続きの方法や、不正受給を防止するための仕組みなどについて、文科省を中心に検討するとしている。

関連記事

日テレNEWS24の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索