日本版「司法取引」初合意 海外贈賄疑惑で

タイの公務員への贈賄疑惑をめぐり、東京地検特捜部と大手発電機器メーカーとの間で日本版「司法取引」制度による合意が成立したことがわかった。先月スタートした司法取引制度適用の初めてのケースとなる。

他人の犯罪を明らかにする見返りに検察官が起訴を見送ったり、求刑を軽くしたりできる日本版「司法取引」で特捜部と合意したのは、大手発電機器メーカー「三菱日立パワーシステムズ」。

関係者によると、三菱日立パワーシステムズは、タイでの発電事業をめぐり、社員が現地の公務員に賄賂を送ったことが発覚したため、不正競争防止法違反にあたる恐れがあるとして、司法取引に合意したという。

外国の公務員への贈賄は、賄賂を送った社員だけでなく、会社も罰する両罰規定がある。今回の司法取引で、会社が社員ら個人に対する捜査に協力する代わりに会社への処罰が見送られるものとみられ、先月始まった司法取引制度が適用される初めてのケースとなる。


関連記事

日テレNEWS24の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索