防災ヘリ墜落 午前4時に救助活動再開へ

群馬県の横手山付近で9人が乗った県の防災ヘリコプターが墜落し、これまでに2人の死亡が確認された事故で、自衛隊などは、11日午前4時から救助活動を再開することにしている。

この事故は、群馬県の防災ヘリ「はるな」が10日、中之条町の横手山付近に墜落したもの。「はるな」には9人の搭乗員が乗っていたが、これまでに機体のそばで8人が発見され、うち2人の死亡が確認されている。

群馬県によると、残る6人は、救助に向かった自衛隊員5人とともに現場にいるということだが、容体などは分かっていない。また、現場の自衛隊員5人とは連絡が取れない状態だという。

自衛隊や消防などは、10日午後6時から約60人を山に入れて救助活動にあたったが、天候などの問題から現場に到達することができず、救助活動は午後8時前に、一時、打ち切られた。

自衛隊や消防などは11日午前4時から山に入り、6人の救助にあたるとともに、行方が分かっていない1人を捜索することにしている。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

日テレNEWS24の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索